カードローン借り換えのための審査がどうなっているのか気になる人も多いのではないでしょうか。 カードローンで融資を受ける場合、審査の流れはまず信用情報機関への照会から始まります。 各カードローンが加盟している個人信用情報機関に対して、他社への借り入れ状況などについて調査します。 カードローンで最も重要となる審査基準がこの他社借り入れ件数ともいわれています。 この他社への借り入れ件数が、各カードローン業者の許容件数内であれば、多少収入が少ないなどのマイナスポイントがあったとしても、貸付が可能となる場合が多いようです。

次に属性をみます。 この属性とは、過去の顧客データを基礎に、利用者に一番近いモデルを探し出すことをいい、そのデータを元に申込者の利用限度額などを決めます。 似たような境遇の過去の利用者から、申し込みを行った人の未来を予測するということなのですが、中には、その属性モデルが最悪だった場合には断られることもあるので、侮れません。

こういった個人信用情報機関への照会が基礎となり、カードローンは融資の決定を行います。 この信用情報機関は日本には、 全国信用情報センター連合会(全情連) 全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC) 株式会社シー・アイ・シー(CIC) 株式会社シーシービー(CCB) 株式会社テラネット と5つあります。